2015年の業績

2015年、ツカハラの業績、活動記録・資料となるもの

(おもにKUIDへの追加、更新など)

>>ツカ研HPに掲載しておく。PTTやレジュメなども、追加で、(参照のために)、HPに置いておきます。まあ記録のため。

 

(国会図書館、ウェッブキャットなど)

 

塚原東吾編 ; 三浦伸夫・中島秀人・隠岐さや香・平岡隆二 [著]

日本評論社 2015.6 (総196ページ)

(塚原執筆分)  序章「科学機器の歴史」、pp.1-24

第3章「17-18世紀オランダ科学における望遠鏡・顕微鏡・科学機器:

エージェントとしてのオランダ科学」、pp.101-130.

 

CiNiiに掲載

 

マンハッタン時代と満洲経験 : 戦後日本のテクノポリティクスの起源 (特集 戦後70年) 

塚原 東吾

現代思想 43(12), 160-174, 2015-08

 

モーア アーロン , 塚原 東吾 [訳]

現代思想 43(12), 128-147, 2015-08

 

 

Google Scholarから

 

Japan’s “Nuclear Village” beyond the Border: The Japan-Indonesia Network of Nuclear Engineering

  1. Mutsumi Inumaand 
  2. Togo Tsukahara

doi: 10.1215/18752160-3144880 EASTS Volume 9, Number 3: 295-310

 

 

(未刊行・刊行予定でページ数も決定しているのだが、実際の刊行は、日付が遅くなっているもの)

 

EASTM 40 (2014): 45-80 

 

An Unpublished Manuscript Geologica Japonica 

by Von Siebold: Geology, Mineralogy, and Copper in the Context of Dutch Colonial Science and the Introduction of Western Geo-sciences to Japan 

Togo Tsukahara

 

 

――――――――

 

研究発表、学会のシンポジウム、ゼミやイベントなどなど(組織化・座長などを含む)

 

 

(東工大) 国際化学史会議 IWHC 2015 Tokyo

The International Workshop on the History of Chemistry “Transformation of Chemistry from the 1920s to the 1960s”

March 2-4, 2015, Tokyo Institute of Technology,  West Building No.9

Session 4: Interface between Chemistry and Biology (Chair: Togo Tsukahara)

Kevin Fujitani (Ohio State University, USA), “A Child of Many Fathers: The Question of Credit for the Discovery of Thiamine, 1884-1936.”

Pnina G. Abir-Am (Brandeis University, USA), “Pauling’s ‘Boys’ and the Mystery of DNA Structure: On Mentorship in Structural Chemistry and Molecular Biology.”

 

 

第8回研究会 Aaron Moore “Constructing East Asia” 書評会

 

日時:2015年3月25日(水)15時00分~18時00分

場所:東京理科大学 葛飾キャンパス講義棟5階 501教室

この本は、日本のマルクス主義技術論論争から書き起こしている本で、 日本の植民地におけ る地域開発(とくにダム建設、野口による日本窒素の朝鮮でのプロジェクトなど)を論じてい て出色です。ムーア氏の仕事の優れた点として、 以下の3点が特に挙げられます。

(1)日本の技術論論争史を「帝国」の観点で再配置し、この時代の思想状況を分析していること。

(2)日本の東アジア帝国における技術のテクノ・ポリティカルな性格への着目。

(3)戦後のODAとの「連続性」を指摘し、総力戦体制という動員論だけでは収まりきれない、 技術史(科学史)的な性格を指摘していること。

今回、アーロン・ムーア氏を招き、日本科学技術史・経済史の研究者や ODA研究者とともに、 これらの論点を軸として、 議論を進めていきたいと思います。

<プログラム>

15:00~15:10【挨拶】愼蒼健(東京理科大学)

15:10~15:30 【趣旨説明】塚原東吾(神戸大学)

15:30~16:00 Aaron Moore(アリゾナ大学)

16:00~16:20 金山浩司(北海道大学)

16:20~16:40 辛島理人(関西学院大学)

16:40~17:00 山根伸洋(早稲田大学)

17:20~18:20 総合討論

主催:科研費基盤A「帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究」(2012年度~2015年度、課題番号: 24240108、研究代表者:愼蒼健)

 

 

2015年度が始まった!―――――――――――

 

4月― ツカ研前期 (PTTアリ。ツカ研HPに)

同時進行で、基礎ゼミ。(やはり、ツカ研HPにアリ)

 

5月1日 山本昭宏さんを呼んだゼミ: 『核と日本人』、オガちゃんとツカハラのコメント(ドラえもんの「原子ろ」の消滅とか、開沼・大野らとの差異化、山本の立場性について、などなど。PTTアリ。)

 

 

(5月、大阪市大・科学史学会、コメンテータ)

 

日本科学史学会2015年度総会・第62回年会プログラム

<D会場:学術情報総合センター10階>

14:30-S23原発事故後の放射線健康影響問題~福島県での小児甲状腺

がん多発とチェルノブイリの歴史的教訓~

柿原泰・吉田由布子・山内知也・瀬川嘉之・藤岡毅

コメンテーター:塚原東吾・瀬戸口明久

>>>PPTアリ

 

(6月6日、東京理科大・ゲスト講義)

「第三世界の問題は科学で解決可能なのだろうか? 科学技術をメタで見る手法、HPSとSTSについて」

>>>レジュメ、アリ。(ついでに2014のレジュメもアップしておく。)

 

 

(6月18-19日、マニラのSTS)

FIRST NATIONAL CONFERENCE ON SCIENCE, TECHNOLOGY AND SOCIETY June 18-19, 2015,

STS in East Asia    Professor Togo Tsukahara PhD (Leiden) Kobe University, Japan 

Reactors: Prof. Felipe Jocano Jr, Anthropology Department, UP Diliman

Dr Ramon Guillermo, Departamento ng Filipino at Panitikan ng Pilipinas, UP Diliman

Held at Institute of Biology, National Science Complex, University of the Philippines Diliman Quezon City

 

6月26日 京大人文研・武上真理子発表へのコメント

2015.06.26 近現代中国における社会経済制度の再編

汎太平洋学術会議にみる科学の制度化と国際化―中国の加入問題を中心に  武上真理子

>>> 武上レジュメ(暫定版?)と、塚原のコメントPTTアリ

 

7月、イギリス・ケンブリッジ、ニーダム 20th、メモリアルセッション

“Needham’s Japan,  Japan’s Needham”

By Togo Tsukahara: (abstract) 

Needham’s Japan, Japan’s Needham

Needham’s Japan is astronomical. It is Japan as described and analyzed by Yabuuti and Nakayama, a group later joined by Hashimoto and Yano. It was also Japan as a part of China, peripheral, but a place that preserved ancient China, with its own choice of theory and interpretation. In that sense, Needham was more concerned with the works done by the genuine Kyoto school led by Yabuuti, and those with a scent of somehow esoteric Confucian classism and mathematical rigor (Hashimoto), or Buddhist exoticism (Yano), than Nakayama’s modernist (“paradigmer”, as he self-claimed) approach to investigate the interface between the East (in his case, the Chinese tradition of astronomy and calendar making, as well as mathematics) and the West (the coming Dutch, who conveyed to Japan the fruits of European astronomical studies).

 

Japan’s Needham is cultural. It has, contrary to his concentration on astronomy, encompassed wider implications. For the Japanese, Needham was not only a historian of Chinese science, who are easily trapped into the cage of disciplinary narrowness, but also the historian of “Civilization”, who claimed a more egalitarian cultural world view for all. He was thought to be a person to have rescued the “value of the East”, who highlighted “our” system of STM (science, technology and medicine). A champion of “non-Western” STM, he was a fighter who defended “our” value system and knowledge production, technical advancement and views on the universe/cosmology, that is, the tradition of “the East”, from the Western dominance of post-colonial era.

 

Despite his establishment background as a distinguished bio-chemist from Cambridge, and Master of a conventional/conservative male-dominatedcollege, Needham became a legend for Japanese academia. He did not hold a professorship, which actually reinforced Needham’s reputation, with the reasoning that he was not fully bought into reactionary academia, politically correct and a Socialist.

 

It was 1974 when Needham was welcomed by Japanese academia and the public as the most important guest for the International Congress of History of Science in Tokyo. I will discuss this visit and the cultural enthusiasm of this occasion, in comparison with Needham’s exchange with Yabuuti, Nakayama, Hashimoto and Yano.  This is a combination of history of internal science and research from the viewpoint of cultural history. This is still a preliminary research result, with the intention to explore more of the multiple aspects of Needham.

 

The Needham Workshop (Preliminary Programme)

 

Time and date:  9:00 am- 17:20 pm, 4th July 2015;

Venue:  K.P. Tin Hall, The Needham Research Institute

 

Time Activities Venue
8:30-9:00 Registration and refreshment Board room
9:00-9:10 Welcoming remarks ( [ … ] Dr. Peter Lee) K. P. Tin Hall
9:10-10:55 Session 1: Working with Dr. Needham and the SCC project: Reflections and Reminiscences

(Chairperson: Prof. Geoffrey Lloyd)

9:10-9:25 Francesca Bray – “Science and technology are civilization”
9:25-9:40 Donald Wagner – “Brass tacks on iron: Reminiscences of the 25 years it took to write Volume 5, Part 11”
9:40-9:55 Rose Kerr – “Ceramic Technology: a subject of seemingly infinite proportions”
9:55-10:10 Robin Yates – “Chinese Military History and Military Technology after SCC: Some Reflections and Reminiscences”
10:10-10:25 Georges Métailié – “The hidden face of the moon: A reflection on the history of technology in China”
10:25-10:40 Gregory Blue– “The EAHSL/NRI as an Intellectual Hub in the late 1970s and 1980s”
10:40-10:55 Christopher Cullen‘Farewell to SCC?’
10:55-11:15 Tea break Corridor
11:15-13:00 Session 2: Dr. Needham’s intellectual heritage and future directions in the field of the history of science, technology and medicine in East Asia (I)

(Chairperson: Prof. Roel Sterckx)

K. P. Tin Hall
11:15-11:30 Dun Liu – “Correspondence between Joseph Needham and J. B. S. Haldane”
11:30-11:45 Vivienne Lo – “天下大同 How can we re-define Needham’s sense of a world community for the 21st century?”
11:45-12:00 Togo Tsukahara: “Needham’s Japan, Japan’s Needham”
12:00-12:15 Ping-I Chu – “Needham in Taiwan: An Unexpected Turn to STS”
12:15-12:30 Dagmar Schäfer: “The three dimensions of Science and Civilisation in China”
12:30-12:45 Xiaochun Sun– Some “Experimental Moments” of Doing History of Chinese Science: Inspirations from Dr. Needham
12:45-13:00 Tony Butler – “Joseph Needham as an experimentalist”
13:00-13:10 Group Photo NRI Entrance
13:10-14:00 Lunch  Board room
14:00-15:45 Session 3:Dr. Needham’s intellectual heritage and future directions in the field of the history of science, technology and medicine in East Asia (II)

(Chairperson: Prof. Angela Leung)

K. P. Tin Hall
14:00-14:15 Arun Bala – “Chinese organic materialism and Asian science studies: rethinking the Needham legacy”
14:15-14:30 Yunli Shi – “Chinese Astronomy in the Period of the Jesuits: Studies following the SCC”
14:30-14:45 Marta Hanson: “Why Needham and Lu’s Legacy in Chinese Medical History Matters in Medical History”
14:45-15:00 Jongtae Lim – “Joseph Needham in Korea, and Korea’s Position in the History of East Asian Science”
15:00-15:15 Fung Kam-Wing – “Dr. Joseph Needham’s Intellectual Legacy in Hong Kong”
15:15-15:30 Siming Wang – “Dr Joseph Needham’s Inspiration for

Agricultural History Research in China”

15:30-15:45 Bridie Andrews – “What is the NRI’s mission going forward? Some ideas for discussion.”
15:45-16:10 Tea break Corridor
16:10-17:00 Session 4: Roundtable discussion

The Needham Research Institute and the Development of Studies of the History of Science, Technology and Medicine in East Asian

(Chairperson: Prof. Jianjun Mei)

K. P. Tin Hall
17:00-18:30 Free activities  NRI
19:00-21:30  Formal dinner at Gonville and Caius College

 

 

 

(7月のパリ、あわせて4つのセッションをオーガナイズ。発表は一つ。)

 

Nakayama memorial session, organized by Morris Low and Togo Tsukahara.

 

The Life and Work of Nakayama Shigeru (1928-2014)

Organisers: Morris LOW & TSUKAHARA Togo 

Chair: Morris LOW 

YOSHIOKA Hitoshi, The Nakayama Project on the Social History of Science and Technology in Contemporary Japan

Tessa MORRIS-SUZUKI, The Vision of Service Science in Japan: Nakayama Shigeru and the Japanese Experience of Citizen Science

SUN Xiaochun, On Nakayama’s Contribution to the History of Astronomy

HONG Sungook, The Influence of Nakayama Shigeru’s “The Modern History of Science and Society” in Korea (read by YI Doogab)

Sharon TRAWEEK, Nakayama Shigeru in Los Angeles

 

  1. Kim 金凡性、Recognizing Terra Incognita: Japanese Geological Surveys of Hot Springs in Colonial Korea
  2. Kato 加藤茂生、Japanese Imperialism and Geological Survey on Mineral Resources in China」

Togo Tsukahara 塚原東吾、Chinese coastal meteorology since the 19th century, and Japan’s wartime metorological network.

  1. Sensui 泉水英計, American Research on Colonial Geographies of Japan: With a Particular Focus on the Naval School of Military Government and Administration, 1942-1945.

 

 

Nakayama Memorial Session (3) Japanese Imperial Sciences and Their Networks: (Panel 2) The Extension of Japan’s Empire: Knowledge and Human Resources

 

Arnaud Nanta, Physical Anthropology in Colonial Korea: Science and the Colonial Order (1924-1940)

  1. Sakano 坂野徹, Investigating “the Islanders” : On Fieldwork in Micronesia before World War II

Shin Chang Geon 愼蒼健, On the Frontiers of Japanese Imperial Medicine: The Return of Korean Medical Students to Korea

Jin Jungwon 陳姃媛, Seizing Opportunities in the Empire:Taiwanese Medical Students in Colonial Korea

 

 

Nakayama Memorial Session (4):  Japanese Imperial Sciences and Its Network: (Panel 3) Agriculture, Food and Industrialization in the Japanese Empire

 

Shiori Nosaka 野坂しおり,  Industrialized Health: Dairy Products of Meiji and Taisho Japan

Aaron Moore, Constructing the Continent: Japanese Technologies of Comprehensive Urban and Regional Planning in China, 1937-1945

藤原辰史 Tatsushi Fujihara, Pickles and Science: Modern History of a Preserved Food in Japan

都留舜太郎 Shuntaro Tsuru, Sugarcane Production in the Colonial Taiwan

 

 

8月25-26  現代科学論研究会(木原研究会) 東京・八王子、セミナーハウス

鬼頭修一さんへのディスカッサントに指名をいただく。

この会は、木原さん主宰で、鬼頭さん・金森さん・吉岡さん、そして、小松さんという、現役世代の強烈な、「最強」のラインナップをそろえた研究会。

いやはや、これは、塚原のこれまでの思想形成というか、脳みその半分以上(というか、学問的な方法論や、コンテンツの多くも)、は、彼ら4名の先達によって直接・間接に作られている、という自己意識もあるから、どうも、すごい並ばれ方(って、ちょっと変な日本語だけど)、になっている。

そういう、ちょうどここまでの科学論関係をいままで引っ張って来た、「あらまほしき先達たち」が、一同に会している、という、まさに、「生けるアテネの学堂」の様相だったので、ツカハラとしては、寿命が縮まる、というか、胸のスク、というか、かなり、面白い、(ある意味で、historicという意味での(historicalではないほうの)「歴史的」な、会だった。

多分、2015年とは、あの会のあった年、と、いうように、思い出せるだろう。ツカハラの思想形成の(?)うえでは、ひとつの曲がり角、というか、ベンチマーク、になっている。

いろいろな意味で、ポスト311の、どうしようもない時代を生きているなかで、まったく、うっぷんや立腹を含め、自分のプレゼン(ポスト・ノーマリティ、というか、PNSの在り方について)、言いたいことは言えた気がする。言いたいことをいつも言っているように思われるが、言うことと、言えることは違う。ポスト・ノーマルという概念をめぐっては、やっと(?)、うまく整理できた気がする。もちろん、これはかなりの、「創造的誤読」(もしくは徴候論的読解)、という、美馬さん的な、フーコーの読解(の手法)からも、多くをインスパイアされていたのだけど。

これについては、鬼頭さん・木原さんから、押さえた感じだが、いいレスをもらえて、手ごたえを感じた。いや、こういうのは、久々、だ。 でも、残念だったのは、金森さんが帰った直後だったこと。この諸テーゼは、金森さんに向けて語っていた、というか、金森さんの提起に対して返答、というか、対話をしていた、というつもりもあったので、金森さんには、聞いてほしいことでもあった。

ここで、自分の考えを、ある種の方向付けできた、とも思える。まあ、もちろん、言いにくいことや、パブリックには言うべきではないこと、も含めて、非常に、「まとも」な、感性と知性の「軸」が、確認できた、と、確信できた。 自分にとっての、いわゆる、「リリーフ」、でもあったというのは、本音です。

ツカ研関係者としては、シオリ・井上・カナコのパリからの流れのチーム、辛島さん、それにナタネが参戦、というか、「観戦」に来た。モラル・サポート、ありがとう。

(木原研究会の「予習」用のレジュメpdf、塚原のレジュメ(修正版)アリ)

 

 

(9月末―10月あたま)

台湾・高雄でのAPSTSN+EASTS 合同会議、EASTS 編集委員会

および台湾第3原発(核三廠)・墾丁への調査。

 

塚原のプレゼン:  Civilian control of techno-science? : thyroid cancer,
(nuclear waste and reactivation of nuclear power plants) in Post 311 Japan.

 

>>PPTアリ

 

台湾第3原発(核三廠)・墾丁への現地調査については、荒木・ストットと、現在分析を進めているところ。特に、陳東昇氏による社会学的(市民運動論)の分析を現在行っていて、それと現地調査の結果をすり合わせて考えたい。

 

 

10月10-11日 自然文化誌研究会、創立40周年記念シンポジウム(於:自然と人々のミュージアム、山梨県小菅村)

35回環境学習セミナー:環境学習の源流から未来へ
(自然文化誌研究会冒険探検部40周年記念)

塚原の報告:「どのような未来へ?: まずは、過去を見ておこう。」

>>> PPT アリ

2015年度塚原先生業績(その2、10月以降)

2015年度の塚原先生の業績(10月以降)です。

上のリンクをクリックすると、PDFファイルが開けます。

以下、関連のある資料です。

2016年1月9日~4月10日 東洋文庫『解体新書展』ポスター表

2016年1月9日~4月10日 東洋文庫『解体新書展』ポスター裏

2016年2月8日沖縄タイムス

“Les séismes à Okinawa : les observations du Père Louis Furet, missionnaire apostolique(沖縄における地震 宣教師フュレ神父による観察)”

EU会議:New Currents in Science: The Challenges of Quality(3-4 March 2016)

Comments are closed.